Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ) は「生きづらさ」に焦点を当てたWEBマガジン。
なんとなく「生きづらい」ひとたちの、なかなか「知らない」リアルや
「生きづらさ」を打ち破るためのきっかけや改善提案をお届けしています。

最新コラム

生きづらさを抱えたライターが書く、当事者にしか分からないリアル。そして、どうすれば社会から生きづらさがなくなるのか、生きづらさを予防できるのかという改善提案をお届けします。

私が社交不安障害を発症したきっかけと、その後。

2019年1月22日

のむら

今から7年ほど前の高校生の私は、他人とのコミュニケーションなんてまったく苦にしませんでした。それどころか、人前でみんなを笑わせたり、喜ばせたりすることが好きなタイプでした。ただ、内面は、当時から考え込みやすいネガティブな性格で「相手が今、何を考えているか」ということを過剰に気にする癖がありました。

障害者雇用を進める地方企業の前にそびえる3つの課題ー長野県松本市 障害者雇用セミナーレポート

2019年1月21日

Plus-handicap 取材班

2018年11月に長野県松本市で開催された障害者雇用セミナーには、数多くの企業が参加し、障害者雇用に対する意欲や熱意が感じられました。講師として登壇した株式会社綜合キャリアトラストの戸谷さんの講話や当日参加した方々の声などから、障害者雇用を進めていきたい地方企業の前にある3つの課題をまとめました。

無意識に他人からの評価を気にしていた私が、他者評価の呪縛から解き放たれるまで

2019年1月16日

井上洋市朗

小さいころはあまり周囲の大人に怒られた記憶がありません。4つ上の兄が怒られる様子を見て、自分は同じことをやらないようにしていたからだと思います。妹もいたので、兄と妹の様子を見て怒られない行動を無意識にとっていたような気がします。この頃の私は無意識的に他者評価をものすごく気にしていました。

【イベント終了】読書会 ー「実は私◯◯なんです」を本を使って打ち明けてみるー(1月22日19時半〜)

2019年1月15日

Plus-handicap 編集局

本を読んで「自分だけじゃなかったんだ」と心が軽くなった瞬間はありませんか?本について、そして自分について語り合う90分の交流会「Plus-handicap 読書会(通称:プラハン読書会)」を開催します。今回のテーマは「「実は私◯◯なんです」を本を使って打ち明けてみる」。2019年1月22日19時半スタートです。

恋愛をする中で見つけた『自分らしさ』

2019年1月10日

久保 零

大学1年生のとき、私は勉強よりも、彼氏の理想の女性になること、好きでい続けてもらうにはどうすればいいかということで、頭がいっぱいでした。私はダイエットやメイク研究に励み、友達や自分一人の時間よりも彼氏との時間を優先していました。これらは彼に強制されたわけではありません。でも、理想の女性でいなければ、好きでいてもらえないと信じてい…

>>コラム一覧へ

ニュース

生きづらさを解消、緩和、予防するために役に立つ、Plus-handicapが厳選したニュースをお届けします。

 

 

「生きづらさ」から記事を探す    ※今後も続々増えます。


「テーマ」から記事を探す    ※記事として取り上げたテーマの中から抜粋しています。


フリーワード検索

イベント

Plus-handicapが企画するイベントやライター陣が主催するイベントのご紹介です。
なぜオススメするのかという背景もお伝えします。