Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ) は「生きづらさ」に焦点を当てたWEBマガジン。
なんとなく「生きづらい」ひとたちの、なかなか「知らない」リアルや
「生きづらさ」を打ち破るためのきっかけや改善提案をお届けしています。

最新コラム

生きづらさを抱えたライターが書く、当事者にしか分からないリアル。そして、どうすれば社会から生きづらさがなくなるのか、生きづらさを予防できるのかという改善提案をお届けします。

男らしさは男を守ってはくれない。

2017.03.22

柳田 正芳

男性にとって今がどんな時代かと問われたら「男性が素手でライオンと闘っているような時代」と答えます。男性が男性であるという理由で生きづらさや困難を抱えうる時代だという意味です。そういうと「女性の方が課題は多いし生きづらい!」とおっしゃる方がいらっしゃると思いますが、「女性の方が大変だ=男性は何も大変ではない」と言いたいのです。

エグモントホイスコーレン探検隊。デンマーク留学記⑤

2017.03.13

Namiko Takahashi

私が通うエグモントホイスコーレン。この学校はとっても広く、200人の在校生が学ぶ校舎に全員が住む寮、キッチンやジムやプールなど学校内の地図を見てみただけでは、どこに何があるのかさっぱりわからない。学校に来て1ヶ月経ち、ようやく今自分がどこにいるのかわかるようになってきましたが、いまだに授業で移動するときに迷ってオロオロ。

自分の人生を考えるために隣にいる人の人生も考えるエグモントホイスコーレ。デンマーク留学記④

2017.03.06

Namiko Takahashi

フォルケホイスコーレって、知っていますか?約150年前にデンマークで生まれた「大人のためのフリースクール」のことです。北欧ではポピュラーな教育制度だと聞いていたけれど、私もここに来るまでどんな学校か、どんな授業があるのか、はっきりと説明できませんでした。わかりやすく言えば「対話を通して人生を学ぶ学校」です。

【イベント開催】Plus-handicap 第1回公開編集会議

2017.03.05

Plus-handicap 編集局

様々な視点から「生きづらさ」についてのコラムを発信しているPlus-handicap。今回は、編集会議を読者のみなさまと一緒に実施します。どんな原稿を読みたいか、編集長やライターなどに言いたい放題伝えていただいて、その後にそのまま飲み会に突入します。3月18日(土)16時〜ぜひお越しください!※編集会議は1時間ほどです。

生きづらいひとのそばにいるひとの生きづらさ。

2017.03.03

佐々木一成

生きづらさの背景も様々あれば、引き起こされる感情や心情も表現にすれば様々。本人以外、その生きづらさは分かりませんし、周囲のひとたちが代わることもできません。「俺はこんなに苦しいんだ!」なんて言われたって相槌は打てても理解はできず。言われれば言われるほどに無力感が募り、距離が広がります。生きづらさが派生、連鎖していきます。

>>コラム一覧へ

ニュース

生きづらさを解消、緩和、予防するために役に立つ、Plus-handicapが厳選したニュースをお届けします。

 

 

「生きづらさ」から記事を探す    ※今後も続々増えます。


「テーマ」から記事を探す    ※記事として取り上げたテーマの中から抜粋しています。


フリーワード検索

イベント

Plus-handicapが企画するイベントやライター陣が主催するイベントのご紹介です。
なぜオススメするのかという背景もお伝えします。