Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ) は「生きづらさ」に焦点を当てたWEBマガジン。
なんとなく「生きづらい」ひとたちの、なかなか「知らない」リアルや
「生きづらさ」を打ち破るためのきっかけや改善提案をお届けしています。

最新コラム

生きづらさを抱えたライターが書く、当事者にしか分からないリアル。そして、どうすれば社会から生きづらさがなくなるのか、生きづらさを予防できるのかという改善提案をお届けします。

障害

障害をフラットに受け容れるには?―Collable 湯浅真衣さん×編集長対談

2020年5月19日

Plus-handicap 取材班

今年2月に開催された、NPO法人Collable主催のドキュメンタリー映画『ちづる』の上映会。このイベントを企画した湯浅真衣さんは「姉の障害を「そういうもの」と受け取っていて、「どう関わればいいのか」を真剣に考えたことがなかった」と言います。上映会を終えて、どのようなことに気づいたり、感じたりしたのか。話を聞いてきました。

働きづらさ解消

働きづらさを解消するために個人が意識したい3つのこと ①環境適応

2020年5月15日

井上洋市朗

働きづらさを解消するために組織が意識すべきことは、存在承認・貢献実感・成長予感の3つで、これが早期離職の三大要因であるという持論を2012年から勝手に提唱しています。しかし、働きづらさの要因を組織に求める風潮が格段に大きくなり、組織で働く一人ひとりが意識すべきことを棚にあげて組織批判をしているように見えることが多くなりました。

タグ付け

親友とか恩師とか、相手にタグをつける人ほど、大切な人を失いやすいのかもしれない。

2020年5月13日

未読メールが12万を超えました

「親友とか恩師とかって言葉を使う人って、なんか不安定な人が多いなって思います。未読さんもそういう言葉をよく使っています」そんなことを言われて「うーん」と考えてみたけれど。親友と友だちの違いは?先生と恩師の違いは?親しさとか感謝を込めて、そんな言い方をしていたけれど、言われた側のことをあんまり考えていなかったかもしれない。

コロナ禍

コロナ禍に直面している今だからこそ、生きづらさを防ぐ手立てを考える。

2020年5月11日

佐々木 一成

出口のないトンネルの中にいるって、本当に生きづらい。コロナ禍の中で、いつになったら緊急事態宣言が解かれるのか、自粛ムードが終わるのだろうかと考えるたびに、息苦しさが増します。生きづらさを生み出す理由はさまざまにありますが、共通して言えるのは「終わりが見えないこと」でしょう。痛みや苦しみ、不安や恐怖、我慢や忍耐はいつまで続くのか。…

ボストン冒険記②

新型コロナで急遽帰国。アメリカで何をしたかったか、これから日本で何をしていくか。:ボストン冒険記②

2020年5月8日

杦本 友里(すぎもとゆり)

ボストンに来てちょうど1ヶ月が経過した3月中旬、アメリカ国内でも新型コロナウイルスの感染拡大が喫緊の問題となってきたため、急遽日本に帰国することになりました。今回のアメリカでの私の研究テーマは、10〜20代の若者を対象とした精神疾患の予防策に関する内容。コロナに対して思うところは、「全く、私の将来どうしてくれるんだ!」

>>コラム一覧へ

新着しごと一覧

ソシオークホールディングス

働くからには忙しく。あなただから、任せたくなる仕事を。

2020年2月12日

ソシオークホールディングス株式会社

障害があっても、配慮はしても、特別視はしない。採用した以上は一人前にやってもらうのがあたりまえ。「大切な人のためにつくる、愛情いっぱいの料理とサービス」を創業の原点としたソシオークグループの障害者雇用に対する考え方は、障害のあるなしに関わらない公平なものです。プラスハンディキャップがおすすめする、障害者が働きやすい職場の紹介。

Meets Place

企業で働きたい!障害者のための新しい合同説明会「Meets Place」(2月6日13時半〜)

2020年1月10日

Meets Place(障害者雇用の新しい合同説明会)

企業で働きたい!就職したい!と考えている方々に向けた、新しい障害者雇用の合同説明会「Meets Place」を開催します。参加企業は5社限定、参加者も最大25名という少人数での開催。参加者にはアテンドスタッフが付き、企業とストレスフリーでコミュニケーションが取れます。2020年1月22日(水)13時30分から。

たくさんのひとに読まれるという達成感。だからWEBメディアの仕事は楽しい。

2019年3月29日

株式会社コンフィデンス

「読者が欲しい情報をちゃんと届けること。これがWEBメディアの仕事だと思うんですよね。」と語るのは、月間1000万PVを超える、恋する女子のためのWEBメディア「Lovely」の編集部の山上さんと遠山さん。今回募集するのは、そんな「Lovely」の記事編集担当者。役に立つ情報を届けるための下支えをする仕事です。

>>コラム一覧へ

 

 

「生きづらさ」から記事を探す    ※今後も続々増えます。


「テーマ」から記事を探す    ※記事として取り上げたテーマの中から抜粋しています。


フリーワード検索

イベント

Plus-handicapが企画するイベントやライター陣が主催するイベントのご紹介です。
なぜオススメするのかという背景もお伝えします。