Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ) は「生きづらさ」に焦点を当てたWEBマガジン。
なんとなく「生きづらい」ひとたちの、なかなか「知らない」リアルや
「生きづらさ」を打ち破るためのきっかけや改善提案をお届けしています。

最新コラム

生きづらさを抱えたライターが書く、当事者にしか分からないリアル。そして、どうすれば社会から生きづらさがなくなるのか、生きづらさを予防できるのかという改善提案をお届けします。

不登校の私に必要だった安心できる場所

2017.09.14

吉本 なつ実

10代の頃に経験した不登校。それは、最後の転校をした小学6年生の頃でした。物心ついた頃から2、3年毎に引越しを繰り返す生活が続き、幼稚園から小学校まで5回の転校した私は、最後の転校のタイミングで、とうとう頑張る気力がなくなってしまいました。転校直後に1週間だけ学校に通った後、私は家に引きこもりがちになりました。

シャーペンの芯くらいの視野しかなくても一目惚れする。恋は盲目!

2017.09.11

松田 昌美

「おしゃれだね」「ネイルきれいだね」「どうやって、そんなオシャレできるの?」私が初対面の方によく言われる言葉です。女性として「おしゃれ」とか「きれい」と言われるのはうれしいです。でも、少し悔しい気持ちにもなります。だって「目が見えないのにオシャレできるなんて信じられない」と言われているような気がするから。

【イベント開催】プラス・ハンディキャップのこれまでとこれから ーPlus-handicap conference

2017.09.08

Plus-handicap 編集局

一般社団法人プラス・ハンディキャップ設立3周年を記念して、プラス・ハンディキャップ活動のこれまでの振り返りと、これからを考える「Plus-handicap Conference」を開催します。ライターのみなさんや、インターンのメンバーなどにお集まりいただき、今後のプラス・ハンディキャップとしての活動を発表します。

誰を愛して、どんな人生を歩んでいきたいか。それが「性」だということ。デンマーク留学記⑬

2017.09.05

Namiko Takahashi

8月19日、青空の下、コペンハーゲンは街じゅうに虹がかかっていました。行われていたのは「コペンハーゲン・プライド」。「LGBTQIA」などのセクシャルマイノリティのための、誰もが自由に愛し合い、生きることのできる世界を目指したパレードです。デンマークは、約30年前に、世界で初めて同性同士のパートナーシップ制度を認めた国です。

「ゴールドコンサート」主催者貝谷嘉洋さんに聞く、合理的配慮、機会平等、そしてノーマライゼーション。

2017.09.04

Plus-handicap 取材班

障害をもつミュージシャンの音楽コンテスト「ゴールドコンサート」の主催者である貝谷嘉洋さん。14回目を迎える今年は9月16日に開催されます。今回は、プラスハンディキャップの編集長である佐々木が、貝谷さんの考える「ノーマライゼーション」や「合理的配慮」の話を聞きながら、「ゴールドコンサート」にこめられた思いと最終目標を伺ってきました…

>>コラム一覧へ

ニュース

生きづらさを解消、緩和、予防するために役に立つ、Plus-handicapが厳選したニュースをお届けします。

 

 

「生きづらさ」から記事を探す    ※今後も続々増えます。


「テーマ」から記事を探す    ※記事として取り上げたテーマの中から抜粋しています。


フリーワード検索

イベント

Plus-handicapが企画するイベントやライター陣が主催するイベントのご紹介です。
なぜオススメするのかという背景もお伝えします。