Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ) は「生きづらさ」に焦点を当てたWEBマガジン。
なんとなく「生きづらい」ひとたちの、なかなか「知らない」リアルや
「生きづらさ」を打ち破るためのきっかけや改善提案をお届けしています。

最新コラム

生きづらさを抱えたライターが書く、当事者にしか分からないリアル。そして、どうすれば社会から生きづらさがなくなるのか、生きづらさを予防できるのかという改善提案をお届けします。

「自分のためには頑張れないけど、仲間のためなら頑張れます」という人が嫌いな3つの理由

2017.02.23

井上洋市朗

「仲間のために頑張る」姿は人々の心を感動させます。ドラマ、子供向けのアニメ、スポーツ。「誰かのために頑張る」ことは美談として語られる傾向にあると思います。ただ、仕事でたまに出会う「自分のためには頑張れないけど、仲間のためなら頑張れます」というひとは大嫌いです。こういう発言をするひとと付き合うときは要注意だと思っています。

もぞもぞ、ちくちく。超敏感肌の私のデリケートな悩みと布ナプキン

2017.02.16

小笠原 早苗

(もぞもぞ)(ちくちく)音にならない苦しみです。私はアトピー体質です。ですが、掻けないのです。場所が場所だけに。トイレに行きます。表現は控えめにさせていただきますが「はー!すっきり!」これは別に用を足したから、すっきりしたのではないのです。掻きむしってきて、すっきりしたのです。どうして生理中って、陰部が痒くて仕方ないのでしょうか…

中高年ならではの生きづらさ?女性目線で「バイアグラ」を考えてみた。

2017.02.08

高田 あやか

過去形になりますが、私は年上の男性とお付き合いしていました。彼は50代、私は30代。性欲は私にも彼にもそれなりにありました。ふたりの時間の中でセックスに至らないときは、はっきりいってつまらないと感じていた、そんな私の実体験から、女性目線での「バイアグラとはどんなモノか」を書きたくなりました。

週3回、1回5時間。人工透析の時間をどう使うか。

2017.02.05

宿野部 武志

皆さんは「人工透析」って知っていますか?簡単にいうと「血液中の老廃物や余分な水分を取り除き、電解質などのバランスを整える治療法」のことです。患者数は全国で約32万人。人口比でいうと約500人に1人という割合です。私は現在週3回、1回あたり5時間。これを30年続けてきました。透析を始めた当初は精神的にも肉体的にも辛かったです。

産む、産まない。すべての命に付き添う。思いがけない妊娠の相談窓口、にんしんSOS東京の代表中島かおりさんに聞く。

2017.02.02

村田 望

2016年の出生数は103万人から98万人に減っています。一方で、届け出のある中絶件数は18万件。6人に1人が生まれてきていないという事実があります。また、社会の中には「産みたくても産めない」方もいます。妊娠には社会から目を向けられていない現実がある。一般社団法人「にんしんSOS東京」代表理事の中島かおりさんに話を伺いました。

>>コラム一覧へ

ニュース

生きづらさを解消、緩和、予防するために役に立つ、Plus-handicapが厳選したニュースをお届けします。

 

 

「生きづらさ」から記事を探す    ※今後も続々増えます。


「テーマ」から記事を探す    ※記事として取り上げたテーマの中から抜粋しています。


フリーワード検索

イベント

Plus-handicapが企画するイベントやライター陣が主催するイベントのご紹介です。
なぜオススメするのかという背景もお伝えします。