「安直な体罰問題」で教育者が生きづらい

2013.03.04

坂本啓介

ここ数年は花粉症の症状がなく、治ったんじゃないのか? なんて思っていましたが、3月に入りくしゃみ、鼻水、涙が止まりません。 おかげさまでせっかくの顔が台無しです。全部花粉のせいです。全部。 花粉さえなければイケメンのけー […]

ここが変だよ、義足の正しい作り方

2013.03.03

佐々木 一成

  最寄りの駅を降り、この道をまっすぐ行けば、もうすぐ我が家。 ホッとしたのも束の間、後ろから来た車にはねられたあなたの左足は もう2度と使い物にならなくなってしまった。 足は見る影もなく、「切断」という処置が […]

一番の障害って情報障害だと思うんですよね②

2013.03.03

堀雄太

plus handicapをご覧のみなさん。 こんにちは。リーホーです。 すでにこのニックネームになじんで いただけましたか?(笑)   早速、前回の続きを進めていきたいと思います。   「障害者にと […]

15分の1の存在

2013.03.02

佐々木 一成

どうやら15人に1人いるらしいです。障害者って。 これは果たして多いのでしょうか。少ないのでしょうか。   毎年、障害者白書という、奇特な調査資料が発行されています。     ちなみに前文は […]

わかものと大人の間には今日も冷たい風が吹く

2013.03.02

矢辺卓哉

  こんにちは。こんばんは。   矢部ではない、矢辺です。   前回は、職ガネーゼの生きづらさについてお話させていただきました。     このわかものの考え方に対する大人 […]

「障害」を理由にしない、言い訳にしない

2013.03.01

佐々木 一成

  足が不自由なひとが富士山に登る。 目が不自由なひとが遠泳をする。 これは大きな感動を呼びます。   では足が健全に動くひとが富士山を登れば感動を呼ぶのでしょうか。 同じように視力が2.0のひとが遠 […]

情報化社会の「あたりまえ」がもたらす生きづらさ

2013.03.01

坂本啓介

  はじめまして。ライターの「けーすけ」こと坂本啓介と申します。 「考えるって楽しい」をコンセプトに神保町大学という学び場を運営しています。 大学生をはじめとする若者と接する機会の多いということもあり、 イマド […]

「職ガネーゼ」の生きづらさ

2013.03.01

矢辺卓哉

  はじめまして。矢辺と言います。 「矢部」じゃなくて、「矢辺」です。 一気に変換できないので、PCだと、 「矢」で変換して、「辺」で変換する必要があります。 だからか、一度「谷部」と一文字も合っていない宛名で […]

一番の障害って情報障害だと思うんですよね ①

2013.03.01

堀雄太

  Plus-handicapをご覧のみなさん。 初めまして。 ライターの堀雄太、通称リーホーです。 是非、気軽にリーホーと呼んでください。   記念すべき第1回目は、自己紹介とともに 自分がPlus […]

「生きづらさ」から記事を探す    ※今後も続々増えます。


「テーマ」から記事を探す    ※記事として取り上げたテーマの中から抜粋しています。


フリーワード検索

お問い合わせ
株式会社綜合キャリアトラスト
取材、講演、執筆依頼はこちらから
メールマガジン
編集長コラム
ブックレビュー