その授業は本当に必要か?学校教育に入り込みたがる生きづらい人たち

2019.03.25

井上洋市朗

社会的にマイノリティと呼ばれる人たちの苦しさの一つは、そもそもマイノリティである自分たちの存在すら知られていないことです。自分たちのような存在を知ってもらいたい、理解してもらいたいという方の多くが口にするのが「学校教育の中で私たちのことを知ってほしい」という言葉。私はこの言葉を聞くたびにがっかりします。

デンマークの子供たちのパーソナリティを育む仕事「ペタゴー」とは?箕田祐子さんに聞くーデンマーク留学記⑱

2018.05.29

Namiko Takahashi

デンマークでの留学中、今でも忘れられない出逢いがありました。それは「ペタゴー」という言葉。北欧で主流になっている職業で、コミュニケーションを通して、子供たちの生活教育や支援をしていく人のことをいいます。子どもたちの「個を育てる」「コミュニケーションを教える」ともいわれるペタゴー。デンマークの保育園で現在ペタゴーとして働く箕田祐子…

やっぱり私にはカミングアウトが難しい。「イチゼロイチイチ~私立バブリング学園マイノリティ科~」イベントレポート

2017.10.27

森本 しおり

10月11日の「国際カミングアウトデー」に合わせたイベント「イチゼロイチイチ~私立バブリング学園マイノリティ科~」が10月9日に代官山で行われました。このイベントは、マイノリティの方のカミングアウトを応援するNPO法人バブリングが主催しています。3年目となる今年のテーマは「教育×カミングアウト」。キャッチコピーは「先生が気づけば…

「安直な体罰問題」で教育者が生きづらい

2013.03.04

坂本啓介

ここ数年は花粉症の症状がなく、治ったんじゃないのか? なんて思っていましたが、3月に入りくしゃみ、鼻水、涙が止まりません。 おかげさまでせっかくの顔が台無しです。全部花粉のせいです。全部。 花粉さえなければイケメンのけー […]