『この世界の片隅に』『仁義なき戦い』 ー同じ時代、同じ場所でー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は『この世界の片隅に』と『仁義なき戦い』です。同じ呉を舞台に、終戦直後までを描く『この世界の片隅に』、終戦直後から話が始まる『仁義なき戦い』。トーンははまるで違えど、どちらも同じ時代の同じ場所でそれぞれの世界の中で生きてゆく人々の話、「戦争もの」「任侠もの」と括ることのできない、「生きる」という普遍的なテーマを…

『映画 聲の形』ー現代を生きるー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は『映画 聲の形』です。大今良時さんによる漫画が原作の本作品は、原作者が語る通り、「いじめ」や「聴覚障害」を主題にしたつもりはなく「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」を描こうとした作品です。すなわち対人関係の難しさ。また、作品の中ではコミュニケーションの難しさに端を発する自殺に関する描写があります。

『ツレがうつになりまして。』ー自分の生き様を誇ることー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は『ツレがうつになりまして。』です。原作は、著者自身の実体験を描いた細川貂々のベストセラーコミックエッセイ。仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレが、ある日突然、心因性うつ病だと診断される。結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子は、妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因で…

『AMY エイミー』ー暗闇という故郷ー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は、2011年7月23日に急逝したエイミー・ワインハウスの生涯を描いたドキュメンタリー映画『AMY エイミー』です。複雑な家庭環境や激しい恋愛関係など、自身の人生体験を糧に独自の音楽をつくりあげ、人生をひたむきに駆け抜けた彼女がなぜ”孤高の歌姫”として波乱の道を歩んでいくことになったのか?

『裸の島』 ー「でもやるんだよ!」ー

新名 庸生のおすすめ []

瀬戸内海の孤島に住む夫婦と二人の子供。水のないこの島で畑を耕すため、夫婦は小さな舟に桶を積んで対岸の島とを往復する。苦労して運んだ水も、乾き痩せた大地は一瞬にして飲み込んでしまう。だが夫婦は、春も夏も秋も冬も夜明けから日没まで、舟を漕ぎ畑に水を撒き続けるのだった。ある夏の日、長男が高熱を出して倒れた。夫は医者を求めて舟を漕ぎ出す…

『死の棘』ー或る生の記録ー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は小栗康平監督の『死の棘』です。ストーリーは結婚後10年の夫婦であるミホとトシオが主人公。ある日、トシオの浮気が発覚してから、ミホの果てしない尋問がはじまる。古代さながらの島に育ったミホと、作家を志望して自我を追い続けるトシオの間に起きた、それは単なる夫婦のいさかいを超えた人生を問い直す闘いである。

『同級生』 ー自由恋愛ー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は『同級生』。中村明日美子さんの同名ボーイズラブ漫画を映画化したものです。ボーイズラブというと女性ファンが多いという印象がありますが、たまたま私は原作を読んでおり、また男子校という環境に思い入れがあるため劇場に足を運んだのでした。なにしろ私も男子校育ちであり、恋心を抱いた同級生がいたのです。

『ジェンダー・マリアージュ』 ー世界が変わる瞬間ー

新名 庸生のおすすめ []

今回ご紹介する映画は『ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~』です。2015年6月、Facebookで多くのアイコンがレインボー柄になった日がありましたが、世界が「あの日」を迎えるまで、いったい何が起こってきたのか。それを順を追って知ることができる作品です。

『8 1/2』 ー人生は祭りー

新名 庸生のおすすめ []

こんにちは。新名庸生です。今回の映画は『8 1/2』です。巨匠フェデリコ・フェリーニの作品の中でも傑作と言われ、この映画についてはあらゆる人達があらゆる事を述べてきたと思いますが、それでもこの映画について書きたいと思ったのは私自身、「人生は祭だ」というフレーズを思い出すことで救われることが度々あるからです。私の母は、私が20歳の…

『極私的エロス・恋歌1974』ーやむにやまれぬ生ー

新名 庸生のおすすめ []

こんにちは、新名庸生です。今回の映画は原一男監督のドキュメンタリー『極私的エロス・恋歌1974』です。私がこの作品を初めて観たのは2015年5月、『監督失格』の平野勝之監督の上映会「“自力出産。ものすごく強い女”特集」に原監督がゲストとしていらしたときで、世の中にこんなにも力のある映像作品があったのかと衝撃を受けました。前半では…

1 / 212