マイナビパートナーズ

表面だけの優しさは要らない。配慮はしても遠慮はしない、障害者雇用の現場。 ー株式会社マイナビパートナーズ 藤本さん・岩間さんインタビュー

2019.05.20

Plus-handicap 取材班

株式会社マイナビパートナーズは、株式会社マイナビの特例子会社。代表の藤本さん、障害者社員の雇用を束ねる岩間さんに現場で実践している「配慮はしても遠慮はしない」というマネジメントの姿勢について伺いました。表面だけの優しさは要らないという言葉の裏側にある、優しさと厳しさのバランスとは?

藤本さん、岩間さんの写真

「これまでにない特例子会社にする」という意欲 ー株式会社マイナビパートナーズ 藤本さん・岩間さんインタビュー

2019.05.13

Plus-handicap 取材班

株式会社マイナビパートナーズは、株式会社マイナビの特例子会社。代表の藤本さん、障害者社員の雇用を束ねる岩間さんに特例子会社を立ち上げた背景、黒字化を進める経営スタンスなどを伺いつつ、お二人が考える「これまでにない特例子会社を作る」というビジョンについて探ってきました。

「心地いい人材」であることが障害者雇用の輪を広げる ー就労移行支援事業所「SAKURA前橋センター」レポート

2019.03.04

Plus-handicap 取材班

JR前橋駅のすぐそばにある障害者就労移行支援事業所「SAKURA前橋センター」には、一般企業への就職を目指し、就職に必要なスキルの向上や情報の入手のために、多くの障害者が通っています。そこで働く戸谷さんと村上さんに、群馬県の障害者雇用の現状や就労移行支援の役割を担う側としての気概などを伺いました。

障害者雇用を進める地方企業の前にそびえる3つの課題ー長野県松本市 障害者雇用セミナーレポート

2019.01.21

Plus-handicap 取材班

2018年11月に長野県松本市で開催された障害者雇用セミナーには、数多くの企業が参加し、障害者雇用に対する意欲や熱意が感じられました。講師として登壇した株式会社綜合キャリアトラストの戸谷さんの講話や当日参加した方々の声などから、障害者雇用を進めていきたい地方企業の前にある3つの課題をまとめました。

求職中の障害者に必要な3つの役割。選択肢を広げるか、狭めるか。ー就労移行支援事業所「SAKURA」で働く3人に聞く。

2018.12.05

Plus-handicap 取材班

障害のある方が2年間の期限付きで企業への就職を目指し通う「就労移行支援事業所」。そこで働くスタッフの方々を"いかに活用するか"によって、就職活動に至るまでの準備や就職活動時のサポートの効果が変わります。株式会社綜合キャリアトラストが運営する就労移行支援事業所「SAKURA」で働く3名の方にお話を伺いました。

企業で働きたい障害者が通う「就労移行支援事業所」ってどういうところ? ー株式会社綜合キャリアトラスト 祢津奈美さんに聞く。

2018.10.18

Plus-handicap 取材班

障害のある方が2年間の期限付きで企業への就職を目指し通う「就労移行支援事業所」。企業に就職したい、障害を負ったばかりでどのような働き方が合っているか分からないといった障害のある方が集まります。今回お話を聞いた祢津奈美さんに就労移行支援事業所ってどういうところ?支援者側はどんな考え方をもつことが大切なの?といったことを伺ってきまし…

特例子会社の管理者が語る「働く障害者をサポートする」仕事の幅広さ —綜合キャリアトラストの管理者の皆さまに聞く

2018.09.06

Plus-handicap 取材班

障害者が働く現場には、必ずといっていいほど「働く障害者をサポートする」仕事が存在しています。今回は、綜合キャリアグループの特例子会社である綜合キャリアトラスト社の長野センター、富山センター、上野センターで働く皆さんに「働く障害者をサポートする」仕事のやりがいと難しさについて話を伺いました。

障害・仕事ありきではなく、人柄重視の障害者雇用を推し進めることの意義。 −綜合キャリアトラスト 福岡支社の皆さんに聞く。

2018.07.10

Plus-handicap 取材班

福岡県全体の障害者雇用を推進するための事業に取り組む、綜合キャリアトラストの福岡支社の皆さんと代表の宮林さんに、障害者雇用を企業に啓蒙していくやりがい、そして人柄重視の障害者雇用の大切さについてお話を伺いました。

メンタルの浮き沈みが激しい人こそ、自分の平常時を把握することが大切。ー株式会社リヴァ 松浦秀俊さんに聞く

2018.05.08

Plus-handicap 取材班

自分の心の調子の浮き沈みを普段から気づき、調整できている人はどれだけいるのでしょうか。うつや双極性障害(気分が高まる躁状態と、気分が落ち込むうつ状態を繰り返す精神疾患)の方などを対象とした復職、再就職支援を行う株式会社リヴァで働く松浦秀俊さんは、ご自身も双極性障害Ⅱ型を抱えるピアサポーターでもあります。「メンタル面に不安を抱えつ…

「なんとなくしあわせ」の大切さー柔道整復師&メンタルケア心理士の千葉司さんに聞く

2018.02.06

Plus-handicap 取材班

「心と体が必ず楽になる、どこにもなかった接骨院」をコンセプトに、2016年9月に東京の代々木上原にオープンした「小道のほぐし 接骨院」。柔道整復師として体の治療を行う一方、メンタルケア心理士の資格を活かしてカウンセラーとしても活動する千葉司さん。そんな千葉さんに「心と体のケア」「しあわせってなに?」をテーマにお話を伺いました。