男って…と言ってしまう女の気持ち

男って○○だよね。どうせ男性は・・・
 

この発言の違和感をストレートに女性の私に伝えてくれた未読さん。彼の気持ち、女性の気持ち、色々考えてみた。
 

 

まずはごめんなさい!

 

男性は「男って…」「男性は…」って言われることに嫌悪感があるってこと、私は知らなかった。
 

というか、あまり深く考えたことがなかった。
 

だって、未読さんはそういう発言をする女性はたまにと言ってくれていたけど、私にとってはよく聞くフレーズだったから。対男性となるとあざとく自粛する女性もいるのだろうけど、女性同士で恋愛を語るときには必ずと言っていいほど誰かが口にしているもの。だから女性にとっては当たり前の、お決まりのフレーズなのだ。
 

というわけで、定番すぎて問題視できてなかったのだが、言われてみれば確かに、男性を分かったような顔で一括りに評価することはあまりよろしくない。
 

女性だって、ドヤ顔で「女って…」と言われたら、どう?
 

もう、即答でいや!と答える人が多いのでは?
 

私なら、女の何が分かるの?知ったような口をきくな!このモテない野郎!くらい言ってやりたくなる。
 

女って色々だもん。複雑だもん。
 

男性も女性も十人十色。それなのに今回の未読さんのように「男性=○○」と決めつけて批判めいたことを言われては窮屈だし、生きにくくなってしまう。男女平等とか女性は生きづらいとか言われているけど、これでは男性差別だ。そりゃあそんな女性とお付き合いしたくはならないでしょう。
 

そこは激しく同意!だからまずは同じ女性として代わりに謝ります!ごめんなさい。
 

男って
 

でも、そうは言っても、「男って…」

 

でもね。実は「男って…」と決めつける彼女みたいな人の気持ちもわかるっちゃわかる。言っちゃうんですよ。人間って自分の経験とか置かれている環境とかで対象物のイメージとか概念を決めてしまうから。お嬢様と言えばバイオリン習ってそうとか、社長と言えば金持ちとか、東大=ガリ勉地味、慶應=モテ男みたいに。
 

さらに心を動かす恋愛は心に大きな印象を残す。だから数人としか付き合っていなくても、まるで、一を聞いて十を知ったと豪語するかのごとく、男性とは・・・と定義してしまうのだ。
 

一度浮気されれば運悪く浮気性の男と付き合ってしまった…。
 

二、三度されると男ってほとんどが浮気する!
 

おそらくそれ以上になるとこの世に浮気しない男なんていない!みたいになる。
 

傷ついてしまった女性は、これ以上傷つかないように、男性への期待感を早めに捨てようとする。男なんてどうせ浮気するんだ、大切にしてくれないんだって。はじめからそう諦めておけばショックを受けることもなくなるから。
 

こんな感じで男性全般をネガティブに捉えだすともうマイナススパイラル。
 

男性不信だし心のどこかで男を憎んでいたりするけど、寂しいし、愛されたい。出会いの場にいくけど、相手を信じられずに不安からネチネチと男へのダメ出しをはじめる。
 

騙される前提だから自分からは何も差し出さないし、尽くさない。相手を理解して受け止めようという気はないのに私を受け入れて!わかって!助けて!みたいになる。
 

結果、嫌な言動をするのに重くてしつこくなって、男性に嫌われる→やっぱり男ってひどい!とまた男性への不信感が増す・・
 

この繰り返し。
 

男性から愛された経験がある女性

 

上にも書いたように女性は男性を定義してしまう。
 

だが、よい男性と出会えた女性は「男性って○〇よね」の○〇にポジティブな言葉を入れることができる。男の人って頼れるよね!男の人って優しいよね。男って可愛いよね!みたいな感じに。
 

こういうポジティブな定義の仕方はどうなんだろう?期待されるとそれはそれでプレッシャーなのかな?ぜひ、未読さんはじめ男性陣に聞いてみたい。
 

男って
 

令和になりきれない人たち

 

男女でお互いのなんとなくのイメージや定義を持っているのは皆そうだけど、決めつけがひどい人は昭和だ。そんな未読さんの意見に「ああ、確かに」と思った。
 

男性の上司に、「旦那さん男なのに育児するんだ…」とか親世代の人に「今の娘は家事を旦那さんにやらせるのよ」みたいな話をされたことがある。
 

もう、完全に女と言えば家事をする生き物くらいに思ってるんだろうなと思った。
 

ジェンダーフリーになったし、男性も草食化してきているし、性別よりも人間性によるところが多いんだけどな。そう。男も女も人間なんだから、浮気も不倫もモラハラもDVも両性にありえるし、やらない人はやらない。
 

女性の夢と願い

 

本題に戻って、「男って…」とネガティブな絡み方をしてくる女性。
 

男性からすると面倒くさくて手が付けられれないし、客観的に見れば愛想つかされて当然っちゃ当然。
 

でも、きっとその女性もはじめは偏見のない優しく素直な人だったはず!
 

傷つけられていく中で変わってしまって、本人も生きづらさを抱えてるんじゃないかな…なんて思う。
 

だから、誰か、心の広い器の大きい男性が彼女に根気よく接して閉じた心を開いてほしいな・・・なんて。本当は彼女が変わらないと周りも変わらないし、幸せは近づいてはこないんだけど。それは百も承知だけど、男性のヒーロー願望とか守りたい願望とかでなんとかお願いしたい。とはいえ、男性だって歳を重ねるうちにヒーローになりたいなんて思わなくなるのかな…。
 

記事をシェア

この記事を書いた人

アバター

城山 ちょこ