ストレスでセックス失敗。ストレスはつらいよ男性編。

皆さん、こんにちは。心と体の健康を守るナースこと杉本九実です。
 

私はストレスケアを専門に行う保健師として活動していますが、ストレスを通じていろいろな人たちとお話させていただいて感じることは、「ストレスも十人十色」だということです。その中でも、なかなか人に言えないようなストレスを抱え、ひとりで苦しんでいる人が多いことを感じています。
 

なかなか人には言えないけど、悩んでいる人は意外と多いストレス関連症状とその予防策について、男性編、女性編に分けてお送りしたいと思います。まずは男性編から。なかなか話せない勃起不全のお話です。
 

lgi01a201311021700
 

ストレスで勃起不全になるの?

 

若い男性が抱えるなかなか話せない悩みは、ずばりセックスのことです。飲み会ではおもしろおかしく下ネタで盛り上がれるけれど、本気の悩みは誰に相談したらいいのか分からずにひとりで抱え込んでしまう傾向があります。私はナースという仕事柄、患者さんや友人たちから相談を受けたりしますが、中でも多いのは「セックスしていても勃起しない」という悩みです。
 

実は勃起しない人の最も多い原因であり、その対処が難しいのが「ストレス」によるものだといわれています。ストレスと勃起不全って関係あるの?と思いがちですが、過度なストレスを受けた体のメカニズムを知ればその関係性が理解できます。
 

ストレスが起こるしくみ
 

通常のストレス反応は、脳の視床下部がストレスの原因を感知して、自律神経系と内分泌系に働きかけます。すると体は血圧や心拍数を上昇させたり、心身の働きを活発にするホルモンを分泌したりして、ストレスに対処しようとします。ところが、過度なストレスが続いて適応能力の限度を超えると、これらの働きが乱れてバランスを崩してしまいます。その結果、心身に様々な不調が生じてしまうのです。
 

ストレスによる勃起不全は、この自律神経系や内分泌系のバランスが崩れることによって生じる心身症の症状といえます。勃起不全の原因となる過度なストレスは具体的には以下のような内容が多く挙げられています。
 

・過去のセックスの失敗による不安
・仕事で大きなミスをしたなどの不安定な精神状態
・仕事での高い売上ノルマなどの慢性的なプレッシャー
・ペニスのサイズに関するコンプレックス
・女性からの暴言による自信喪失
・妊娠を望むパートナーからの要望がプレッシャーになる
・日常生活上の心理的ストレスはないが過去に何らかのトラウマを抱えている
 

これらが、精神的なストレスを生み出しやすいようです。思い当たるようなことはありましたか?女性からすればちょっとしたことかもしれませんが、男性にとっては「男のプライド」にかかわる重大なこと。女性側の接し方にもストレスの原因をつくる一要因があることを頭に入れておくといいかもしれません。
 

セックスで成功したいなら、リラックスを心がけて

 

セックスがうまくいかないからといって、必ずしも何らかの病気で治療が必要かというと、一概にはそうはいえません。まずは生活習慣の中からストレスを少なくすることから始めてみましょう。
 

勃起に必要な神経は「副交感神経」と呼ばれ、ストレスに対して反応する自律神経系のひとつです。この神経は心身ともにリラックス状態にあるとき有効に働く神経で、いわば「リラックス神経」とも呼べるでしょう。このリラックス神経である副交感神経をうまく働かせるためには、活動と休息のバランスを保つことが一番効果的です。イメージ的には「小学生のときの夏休み」のような1日の過ごし方です。朝早く起きていっぱい体を動かして遊び、いっぱいごはんを食べ、早く寝るというこのスタイルは健康的な心と体をつくるための一番のクスリです。
 

小学生の夏休みスタイルはストレスがたまらない理想的なスタイルです。
小学生の夏休みスタイルはストレスがたまらない理想的なスタイルです。

 

しかし、社会人は常にこのスタイルで生活することは難しい。だったら、だまされたと思って休日の1日だけでも小学生夏休みスタイルの生活をしてみて下さい。休日に寝貯めしたい気持ちも分かりますが、逆にストレスがたまりやすい心と体になってしまいます。
 

生活の中にリラックスできる時間を確保する、特に、男性の場合は適度な運動と十分な睡眠をとることをおすすめします。毎日30分でも好きな運動を取り入れる、いつもより30分早く寝る。そんな些細なことで十分なので、まずは生活習慣の中からリラックスできる時間を意識的につくり、ストレスを少なくすることを心がけてみて下さい。それでも、改善しない場合は専門医を受診してみるといいかもしれません。
 

男性にとって女性はリラックスの女神なんです

 

もう一つ大切なことは、女性の接し方です。過度なストレス因子として挙げたように、女性からの暴言による自信喪失や妊娠を望むパートナーからの要望がプレッシャーになるというように、ちょっとした一言が男性にとってはダメージが大きい場合があります。一方的に「あなたってダメね」という接し方をするのではなく、二人のセックスについて思いきって話し合うことで、お互いが抱える不安や悩みも軽減されて良い方向に進むかもしれません。
 

男性にとって女性はリラックスの女神。常にリラックスの女神でいる必要はありませんが、パートナーがストレスを抱えて悩んでいそうなときは、癒しの存在になってあげて下さい。「焦らなくていいんだよ。がんばらなくていいんだよ。」その一言がセックスで失敗しないための第一歩になるはずです。
 

ストレスをためすぎると、セックスまで失敗する。実に心と体は密接につながっていることがお分かりいただけたと思います。今回はセックスを例にとりましたが、ちょっとしたことを心がけるだけでストレスは軽減されるので、まずは自分がリラックスできる時間を過ごすことから始めてみてください。
 

記事をシェア

この記事を書いた人

アバター

杉本九実

1985年生まれ。順天堂大学卒の看護師・保健師。憧れだったICU看護師となるが、理想と現実のギャップ、過労、ストレスにより心身のバランスを崩し、バーンアウト状態と診断され休職。休職中に訪れた旅で自然の「ありのままに生きる」姿に感化された経験を活かし、2013年PONOプロジェクトを設立。「ストレスやこころの病気を自然の中で楽しく予防しよう!」をコンセプトに、自然の力と看護スキルを活かした今までにない新しいメンタルヘルス事業を行う。