流産

妊娠、出産はおめでたいだけじゃない。流産を経験して初めて知ったこと。

2019.05.30

胸のうち委員会

「もうこれ以上待っても同じですから。今からは子宮を綺麗にすることを考えなければならない」1年前、私は初めて妊娠をし、妊娠11週の時に医師からのこの言葉とともに稽留流産の診断を受けました。それから1週間後、10数人の女性が診察を待つ待合室と診察室を何度か往復し、全身麻酔の手術を受け、その日のうちに退院しました。

子どもを産めない僕が気づけた、みんなちがって、みんないい。

2018.11.14

高橋 圭

僕はゲイなので、結婚をすることも、子どもを産むこともできません。ずっと「親孝行ができない」や「社会で一人前とは認められない」という後ろめたさのような感情を持って生きてきました。「どうして周りの人がふつうにできることを自分はできないんだろう?」と悩み続け、「ふつう」に憧れ、女性と付き合ったこともありました。

生涯未婚率が過去最高を更新。そして結婚していない男性は死にやすいというデータの話。

2017.04.08

柳田 正芳

「生涯未婚率が過去最高を更新」というニュースが一斉に流れました。「50歳まで一度も結婚したことがない人」を表しているデータで、2015年の統計だと男性が23.37%、女性が14.06%。1970年ごろの「結婚するのが当たり前」だった時代には、男女ともに1%台でしたが、それ以降は増加の一途。今回、過去最高を更新しました。

足の不自由なママが語る、出産・子育ての思わぬ困りごと。

2014.12.17

岡本直美

妊娠~出産、育児って、女性にとっても男性にとっても、一大イベント。   「元気にうまれてくるんだよ。」と14年前、妊娠中の私はおなかにいる娘に話しかけていました。身体に何らかの不安を持ってると、出産~育児が色々 […]

痛みに堪え切れず離婚を選ぶ【脳脊髄液減少症】

2014.07.18

重光喬之

●出会いと別れ   間もなく私の唯一の理解者で大切な人と離れます。この判断が正解なのか、症状が変化している今、この選択が最善なのかも分かりません。2006年脳脊髄液減少症と診断され、ブラッドパッチ治療(脊髄に自 […]