岡田尊司『パーソナリティ障害-いかに接し、どう克服するか-』ー生きづらさが生まれる理由ー

佐々木 一成のおすすめ []

「生きづらさを抱えているひとが増えている」という文章とともに始まるこの本。「パーソナリティ障害」に関する解説書といったほうが分かりやすいかもしれません。10年以上前に出版されたものですが、2014年も終わりに近づこうとしている今読んでも、リアルに伝わってくるものです。

曽山哲人/金井壽宏『クリエイティブ人事-個人を伸ばす、チームを活かす-』ー人事のパフォーマンスが会社の業績を変えるー

井上洋市朗のおすすめ []

先日、この本のブックレビューを書こうと決まった途端、サイバーエージェント藤田社長のブログでの発言が原因となって炎上していました。あの一件でサイバーエージェントの人事施策のあり方そのものに少しケチがついてしまった感もありますが、それでも本書で紹介されているサイバーエージェントの取組みは多くの組織にとって参考になるでしょう。

工藤啓/西田亮介『無業社会-働くことができない若者の未来-』ー働かないのは甘えの問題なのか?ー

佐々木 一成のおすすめ []

NPO法人育て上げネットの工藤さんと立命館大学の准教授である西田さんが書いた『無業社会』。昨年発表された「若年無業者白書」に記載されている調査データを用いながら、メディアで積極的に取り上げられるようになった、働くことのできない若者の実態を伝えた本です。

伊藤洋志『ナリワイをつくる』ー生きづらいひとにマッチした働き方を模索するー

佐々木 一成のおすすめ []

会社のために、お客様のために働いて、自分の心身をボロボロにすることはどうなのか?家族との時間を作れないことはどうなのか?グローバル化という言葉に惑わされ、世界を駆け回る、英語を駆使するという図を描き過ぎ、自分の足元や生活を疎かにしていないか?「ナリワイをつくる」という発想は、今の社会の仕事観へのアンチテーゼが含まれています。

山田玲司『非属の才能』ーなぜみんな誰かと同じがいいのか?オンリーワン思考ではなかったのか?ー

佐々木 一成のおすすめ []

「これが正解」「これがふつう」「これがあたりまえ」「これが常識」という同調を、教師は毎日これでもかというほど生徒に押しつけてくる。本の、とある一節に書かれていますが、これは教師だけに当てはまることではないでしょう。親も、上司も、世の中に溢れている情報も、皆すべて同じように語りかけてきます。

中島隆信『障害者の経済学』ー当事者でも支援者でもない世界から障害者の世界を覗いてみるー

佐々木 一成のおすすめ []

障害者自身やその家族が自分たちの生活・奮闘などを題材に本を著すこともありますし、障害者雇用や障害者福祉のスペシャリストが、ノウハウや問題提起を題材に本を著すこともあります。障害者にまつわる本の多くは、当事者サイドの目線、 […]

お問い合わせ
株式会社綜合キャリアトラスト
取材、講演、執筆依頼はこちらから
メールマガジン
編集長コラム