流産

妊娠、出産はおめでたいだけじゃない。流産を経験して初めて知ったこと。

2019.05.30

胸のうち委員会

「もうこれ以上待っても同じですから。今からは子宮を綺麗にすることを考えなければならない」1年前、私は初めて妊娠をし、妊娠11週の時に医師からのこの言葉とともに稽留流産の診断を受けました。それから1週間後、10数人の女性が診察を待つ待合室と診察室を何度か往復し、全身麻酔の手術を受け、その日のうちに退院しました。

ステッキユーザーの私が、子育て生活を実現するために数年がかりで準備したこと

2017.08.15

楓友子

「いつかは子どもが欲しいね」夫とその話をしたのは、私が26歳、結婚して2年ほど経った頃でした。私は大学生のときに交通事故に遭いました。その事故の後遺症のため、現在も杖が必要な生活を送っています。出産に関しては、事故当時、主治医から「子供は産めるだろう」と言われていたものの、本当に産めるのか。産めたとして、育てられるのか。不安はた…

足の不自由なママが語る、出産・子育ての思わぬ困りごと。

2014.12.17

岡本直美

妊娠~出産、育児って、女性にとっても男性にとっても、一大イベント。   「元気にうまれてくるんだよ。」と14年前、妊娠中の私はおなかにいる娘に話しかけていました。身体に何らかの不安を持ってると、出産~育児が色々 […]