私の鬱なんて、お金とセックスさえあれば治るくらいのもの

2019.04.25

一條 未佳

鬱をわずらって、もうすぐ2年が経ちます。きっかけは会社でうけたパワハラ。会社を辞めても一向によくならず、薬の量だけが増えていく2年間でした。鬱の波に襲われてるときは、とても果てしないし、いつ抜け出せるんだろうって恐怖にかられ、何もする気になれず、朝からお酒を飲んで眠ることしかできなくなります。

生きづらい奴に告ぐ!つべこべ言わずにお金を貯めろ。

2018.08.21

井上洋市朗

「好きなものはお金です。嫌いなものは夢と希望と仲間とご縁です。」私がソーシャルビジネス界隈の集まりなどで自己紹介するときに使っている決まり文句です。この自己紹介は「あいつヤバい奴だ」と一切近寄ってこないひとと「ちょっと面白い奴がいる」と話しかけてくれるひとをバッサリと二分できるのでけっこう便利です。

21歳、借金1000万円の日々から得た教訓。社会はやり直しがきく。

2018.03.19

千葉 司

1000万円。これは私が21歳の頃に作った借金の額です。小さい頃からプロ野球選手を目指し、練習に打ち込む日々。野球しかしてこなかった、野球しか知らなかった私は、大学3年生の頃に挫折しました。その音が聞こえるほど、心がポッキリと折れました。プロ野球選手という目標を失った瞬間、生きる意義がなくなったと同時に「社会という自由」を知りま…

【イベントレポート】お金への考え方ひとつで生きづらさは変わるのか?「カードゲーム」で学ぶお金ってなに?

2017.12.20

Plus-handicap 編集局

11月27日にさわかみ財団さまと実施したイベント【学校では誰も教えてくれなかったお金のはなし。「カードゲーム」で学ぶお金ってなに?】では、学校でも職場でも教えてくれない「お金」に対する考え方を見つめ直し、お金を得るってどういうこと?お金を使うってどういうこと?を「カードゲーム」を楽しみながら考えてみました。

【イベント終了】学校では誰も教えてくれなかったお金のはなし。「カードゲーム」で学ぶお金ってなに? さわかみ財団×Plus-handicap

2017.11.20

Plus-handicap 編集局

今回は「カッコいいお金の使い方を世に問おう」と活動するさわかみ財団と一緒に「カードゲーム」を使ってお金ってなに?経済ってなに?ということを考えます。学校では教えてくれないし、今さら誰かに聞けない。お金ってなんかコワイ。そんな方々にトライしてほしいカードゲーム型ワークショップです。

お金は大切。でも、自分の足元も見えていますか?ー就労継続支援B型事業所の現場から。

2017.05.12

森本 しおり

「こんな給料じゃ、やってられないですよ。低い給料でこき使われて、みんな嫌じゃないの?!」Sさん(仮名)はそう怒鳴り、その後退職しました。2年程前、勤務先である障害者の就労支援施設での出来事です。私はそこで、お金でもめる利用者を何人も見てきました。そういう人は、他でも仕事が続かず転々とすることが多いものです。