アマノジャク思春期

「わかる」と「認める」はちがう。映画『アマノジャク・思春期』プロデューサー理沙さん×Plus-handicap編集長対談

2020.07.31

Plus-handicap 取材班

「小学6年生になった男の子の光は、自身の受け口を悩み抜き、マスクをつけて学校へ行くようになった。」7月25日(土)から横浜シネマ・ジャック&ベティで劇場公開されている映画『アマノジャク・思春期』。この映画のプロデューサーの理沙さんと映画の感想を話しつつ「学校教育の現場での、ちがいを認める難しさ」について、意見を交わしました。

女子高生の正義感

2013.11.19

飯田るゐ

どうも、飯田です。   前回、私は「便所」から女子高生の生きづらさをご紹介しましたが、今回は場所を変え、無料通話アプリ「LINE」からお伝えします。   高校に入学して直ぐに、レクリエーションをしたり […]