僕の最良の友達のひとり、右手です。

2013.05.12

佐々木 一成

  「俺の右手以上に、俺のことを分かってくれるヤツなんていない。」 心寂しく、懐も寂しい10代の頃、自嘲気味に私はこの言葉を使っていました。   彼女もいない。お金もない。暗がりの自室でいそいそと始め […]