LITALICOさんの合理的配慮ハンドブックが興味深い!

2016.04.12  そだてる・よりそう

佐々木一成

株式会社LITALICOが展開している学習塾&幼児教室「Leaf」が、合理的配慮に関する概要や内容を理解し、子どもたちが学校等の教育機関で学びやすくするためのサポートツールとして「合理的配慮ハンドブック」を発行、WEB上でダウンロードが可能となっています。

100冊の絵本を、100校の小中学校の保健室へ。「絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト」

2016.02.15  そだてる・よりそう

木村奈緒

NPO法人ぷるすあるはが展開中の「絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト」。うつ病や統合失調症など「家族のこころの病気を子どもに伝える絵本」を世に送り出してきたぷるすあるはさんが、これまでに刊行した絵本の中から「ボクのせいかも…―お母さんがうつ病になったの―』を対象とし、100冊の絵本を100校の小中学校の保健室に届けることを目…

「日本で夢を叶えたい」―在留資格を求め、子どもらが渋谷でパレード

2015.12.22  そだてる・よりそう

木村奈緒

12月20日、渋谷で非正規滞在外国人の子どもたちとその家族、支援者らによるパレードが行われた。主催は、日本在住外国人の支援を行うNPO法人APFS(Asian People’s Friendship Society)で、日本で生まれ育ったにも関わらず、在留資格がない子どもたちが安心して日本で家族と暮らし、将来の夢を叶えられるよう…

家族にありがとうがしんどい子どもたちがいます

2015.11.20  そだてる・よりそう

木村奈緒

厚生労働省の調査によれば、2014年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待の相談件数は88,931件(速報値)にのぼります。厚生労働省は、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」とし、ポスターやリーフレットの配付、シンポジウム開催などの取り組みを行っています。また、児童虐待防止運動のシンボルマーク、「オレンジリボン運動」にちなんだキ…

ぷるすあるはのサイト「子ども情報ステーション」

2015.09.02  そだてる・よりそう

木村奈緒

「子ども情報ステーション」は「精神障がいやこころの不調、発達凸凹[デコボコ]などをかかえた親とその"子ども"を応援する(サイトより引用)」ためのサイトです。これまでも、精神疾患などをかかえた親とその子どもの気持ちを絵本などのツールで伝えてきたぷるすあるはさん。絵本を読んだ方々から「もっと別の障害についても伝えてほしい」「絵本のよ…

教職員向け冊子「いじめに備える基礎知識」が公開

2015.08.26  そだてる・よりそう

佐々木一成

国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センターは先月、教職員向けに「いじめに備える基礎知識」という小冊子を発行しました。法律や制度を整備したところで、それを運用する側の意識や行動が変わらない限り、問題は解決しません。この小冊子は教職員に求められるいじめに対する正しい認識、また教職員に期待されている行動等を改めて解説することを目…

小中学校の不登校生数2年連続増加に思うこと

2015.08.10  そだてる・よりそう

真崎 睦美

2015年8月7日、文部科学省の学校基本調査の結果が発表され、主要webニュースメディア各位はその結果を一斉に速報しました。調査結果によると、2014年度に病気や経済的理由以外で年間30日以上欠席した「不登校」の小中学生が、前年度より約3300人多い12万2655人に上りました。過去最多の13万8733人を記録したのは2001年…

京都大学の障害学生支援ルームの情報量がすごい!

2015.07.28  そだてる・よりそう

佐々木一成

大学で学ぶ障害のある学生は年々増加傾向にあり、日本学生支援機構の調べでは、平成26年度は14,127人が学んでいるとされています。例えば、足が不自由な学生の場合は通学できるか否か、耳が不自由な学生の場合は聴講できるか否か、発達障害を抱える方の場合は履修計画が立てられるか否か、試験を円滑に受けられるか否かといった困難さを抱える場合…

7月から児童相談所全国共通ダイヤルは「189」に

2015.07.01  そだてる・よりそう

佐々木一成

本日7月1日から最寄りの児童相談所につながる電話番号が「189(いちはやく)」になりました。これまでは10桁の児童相談所全国共通ダイヤルでしたが、子どもたちや保護者のSOSの声をいちはやくキャッチするために3桁の覚えやすい番号にしようという背景から、今回の番号になりました。

補聴器使用の子ども向け「音楽ワークショップ」

2015.06.25  そだてる・よりそう

佐々木一成

補聴器メーカーのオーティコン株式会社が、補聴器を使用している子どもたちを対象とした音楽ワークショップを8月9日(日)に洗足学園音楽大学とコラボレーションして開催します。同大学附属音楽感受研究所では、聴覚に障害がある方が今ある音楽を楽しむことが難しいのならば、楽しめるように音楽を作ってみることはできないのだろうかというアプローチで…

真のワークライフバランスを京都市が提案?!

2015.06.21  そだてる・よりそう

佐々木一成

やや使い古された感覚さえ覚えてしまう「ワークライフバランス」という言葉。仕事と生活の調和が訳語らしいですが、調和できているひとがどれだけいるのだろうと勘繰ってしまうほど、実践できているひとが少数派な印象を持ちますが(少数派だからこそ実践しましょうという声が大きいのだと思いますが)、明日6月22日から京都市が「真のワークライフバラ…

ストーマに関する情報を集めたサイトが登場!

2015.06.08  そだてる・よりそう

佐々木一成

皆さん、ストーマって知っていますか?人工肛門という言葉だと馴染みがあるかもしれませんが(消化管ストーマ)、大腸や小腸などの消化器、尿管などの泌尿器を手術した後、便や尿の出口(排泄孔)を体外に造ったものがストーマです。2015年5月30日に「ストーマケア情報サイト」が開設されました。これまでストーマケア情報を体系的に得ることができ…

フリースクール「義務教育化」の動きが進むのか?

2015.06.02  そだてる・よりそう

真崎 睦美

超党派の議員連盟は27日、不登校の児童・生徒が通う「フリースクール」での学習を義務教育の制度に位置づける「多様な教育機会確保法案(仮称)」を、国会へ提出する方針として定めました。同案では、保護者が学校やフリースクールなどと相談して学習計画を作成し、市町村教育委員会に申請、教委は「教育支援委員会」で審査したうえで計画を認定します。

性同一性障害に係る児童生徒への対応の指針が発表

2015.05.15  そだてる・よりそう

佐々木一成

文部科学省は4月末、性同一性障害に係る児童・生徒へのきめ細かな対応の具体的な配慮事項等をとりまとめ、各都道府県や指定都市の教育委員会などに向け通達しました。「学校における支援体制の整備」「医療機関との連携」「学校生活の各場面での支援」「当事者である児童生徒の保護者との関係構築」など様々な観点での指針が打ち出されています。

障害のある学生への大学等での配慮188事例が紹介

2015.05.08  そだてる・よりそう

佐々木一成

独立行政法人日本学生支援機構は4月30日、全国の大学などで実施された障害のある学生に対する支援・配慮事例を計188例紹介しました。その内訳は視覚障害27例、聴覚・言語障害42例、肢体不自由38例、病弱・虚弱22例、発達障害35例、精神障害24例となっており、様々な状況から多様な事例が抽出されています。

児童養護施設出身の若者のスピーチコンテスト

2015.05.02  そだてる・よりそう

佐々木一成

児童養護施設の子どもたちの自立支援を行うNPO法人ブリッジフォースマイルが開催するスピーチコンテスト「カナエール」が東京・横浜・福岡という3拠点で開催されます。「カナエール」は、コンテスト出場者に対して進学から卒業までをサポートする奨学金支援プログラム。今年は3拠点で22名がスピーチを行います。

福岡女学院が開催!「選ぶ」力養成ワークショップ

2015.04.21  そだてる・よりそう

佐々木一成

様々な情報やモノ、サービスが溢れる時代、大人も子どもも「選ぶ」ことが難しくなってきています。ネットショップで注文するときにも「あなたへのおすすめ」が示されるようになり、自分が主体的に選ばなくても、自分にとって適したものが届くようになりました。「選ぶ」必要がなくなる時代が、すぐそこまでやってきているのかもしれません。

児童虐待防止推進月間の標語募集が開始されました

2015.04.19  そだてる・よりそう

佐々木一成

厚生労働省は毎年11月を「児童虐待防止推進月間」とし、児童虐待問題に対する社会的な関心を喚起する啓発活動を行っています。この取り組みのひとつとして、国民一人ひとりが感覚的な言葉で思い起こせるように、標語を一般公募しています。標語は平成17年度から募集が始まり、昨年は「ためらわず 知らせてつなぐ 命の輪」でした。

小1プロブレム解消へ!Leafのオープンスクール

2015.04.11  そだてる・よりそう

木村奈緒

「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げ、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する株式会社LITALICO。同社の運営する「Leaf」が4月18日〜19日に「新小学1年生向け春のオープンスクール」を開催します。「Leaf」は、発達が気になる子どもの教育を原点にスタートした幼児教室・学習塾。

4月2日は世界自閉症啓発デー。世界が青く輝く。

2015.04.01  そだてる・よりそう

木村奈緒

4月1日といえばエイプリルフール。では、4月2日は何の日でしょうか?正解はいくつかあるようですが、答えのひとつが「世界自閉症啓発デー」です。 世界自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイトによれば、2006年2月に開催された国連総会で、カタール王国王妃によって提案されたもので、毎年4月2日は世界各国で

1 / 212