プラスハンディキャップでは、たくさんの方々の知恵とアイデアを借りながら活動を続けています。