苦悩

爪を噛む自傷行為でしか心の不安を取り除けなかった私の今。

2019.09.03

一條 未佳

子どもの頃、父と母が喧嘩をして家の中に罵声が飛ぶことが、すごくストレスだった。爪を噛むというクセがついた。イライラするとつい爪を噛んでしまう。爪だけじゃなくて、まわりの皮膚も噛んでしまう。私の手はつねにボロボロだった。そんな自分の手が、私は心底嫌いだった。一応女の子だ。手は綺麗な方がいいに決まっている。