【イベント終了】生きづらさを防ぐライフハック~心のご近所さんマップをつくろう(第2回)~

2018.07.12

Plus-handicap 編集局

普段、自分が悩んでいることや困っていることって、素直に相談できますか?何から話せばいいんだろう。どうやって話せば伝わるんだろう。恥ずかしがらずに相談できれば、ここまでしんどくならないのに。「カンタンに相談できるひと」と「なかなか相談できないひと」の違いはどこにあるのでしょうか。そのヒントは「人間関係の棚卸し」です。

【イベント終了】もし自分の子どもに障害があるとわかったら、あなたは何を考えますか?

2018.05.24

Plus-handicap 編集局

もし自分の子どもに障害があるとわかったら、皆さんは何を感じ、何を考えますか。正直なところ、自分の子どもに障害があることを望む親はいないでしょう。今回のイベントは「もし自分の子どもに障害があるとわかったら」をテーマに、障害のある子どもを育てること・「親亡き後」という社会問題・障害をもつ子どもが生まれてしまうのではという不安との葛藤…

【イベント終了】生きづらさを防ぐライフハック~心のご近所さんマップをつくろう~

2018.05.13

Plus-handicap 編集局

普段、自分が悩んでいることや困っていることって、素直に相談できますか?何から話せばいいんだろう。どうやって話せば伝わるんだろう。恥ずかしがらずに相談できれば、ここまでしんどくならないのに。「カンタンに相談できるひと」と「なかなか相談できないひと」の違いはどこにあるのでしょうか。そのヒントは「人間関係の棚卸し」です。今回は90分の…

【イベント終了】「デンマークに留学して得たもの解放されたもの」〜大きく変わった"福祉"と"障害者"に対する考え方。27歳女子の本音〜

2018.02.08

Plus-handicap 編集局

障害ってなに?誰もが暮らしやすい社会って?という問いの答えを探しにデンマークへ留学した高橋菜美子さん。2017年1月以来、17本のデンマーク留学記を書いてもらった彼女の「留学報告会」的なトークイベントです。デンマークのこと、福祉やノーマライゼーションについて知りたい・考えたいひとに、ぜひ聞いてほしいイベントです。

【イベント終了】プラリンピック ーオトナの自己分析ゲーム・自己肯定と他者視点ー

2018.01.17

Plus-handicap 編集局

「自分が他の人からどう思われているのか?」普段の生活の中で他人の目を気にする機会は少なくないと思います。「プラリンピックーオトナの自己分析ゲーム・自己肯定と他者視点ー」では、ゲーム感覚で今までの自分を振り返りながら、同時に他の人からの自分の見え方を伝えてもらうイベントです。イベント中は肯定的な言葉しか使えません。

【イベント終了】学校では誰も教えてくれなかったお金のはなし。「カードゲーム」で学ぶお金ってなに? さわかみ財団×Plus-handicap

2017.11.20

Plus-handicap 編集局

今回は「カッコいいお金の使い方を世に問おう」と活動するさわかみ財団と一緒に「カードゲーム」を使ってお金ってなに?経済ってなに?ということを考えます。学校では教えてくれないし、今さら誰かに聞けない。お金ってなんかコワイ。そんな方々にトライしてほしいカードゲーム型ワークショップです。

【イベント開催】第1回プラリンピック

2017.11.15

Plus-handicap 編集局

今の日常から「何か」を変えたいと思っているけど変えられない方やその「何か」が分からない方、日常に不満はないんだけど…という方に参加いただきたいワークショップがプラリンピックです。ゲーム型ワークショップを楽しみながら、これまでの生き方や考え方をお互いに振り返ってもらう時間。「楽しみながら振り返る」をテーマに開催します。

【イベント終了】プラス・ハンディキャップのこれまでとこれから ーPlus-handicap conference

2017.09.08

Plus-handicap 編集局

一般社団法人プラス・ハンディキャップ設立3周年を記念して、プラス・ハンディキャップ活動のこれまでの振り返りと、これからを考える「Plus-handicap Conference」を開催します。普段は交流することの少ない、Plus-handicapのライターのみなさんや、これまで取材協力をしていただいた方、インターンシップの方々な…

【イベント終了】アナログゲーム王決定戦ーゲームを楽しみながら、発達障害を知る・体験してみるーPlus-handicap Session #12

2017.08.10

Plus-handicap 編集局

今回のPlus-handicap Sessionでは、アナログゲームを活用しながら障害児への教育を行うスペシャリスト、松本太一さんをゲームマスターとしてお招きし、アナログゲームをプレイしながら、発達障害の感覚や特徴を体験できる時間を創ります。ゲームを楽しみつつ、障害とは何かを考えます。ゲーム好きのあなた、ぜひご参加ください!

【イベント開催】第2回生きづらさ甲子園(プレ大会)のお知らせと第1回の開催報告

2017.07.14

Plus-handicap 編集局

Plus-handicapの読者の方の中には、自分が生きづらいと感じている方も少なくないと思います。そんな生きづらさを抱えた方々を集めたイベント「生きづらさ甲子園」を6月22日に開催しました。「生きづらさ甲子園」とは、現在開発中の、様々な生きづらさを知り、考えるためのワークショップです。