「生きづらさ」に関するアンケート調査のおねがい(2016年7月11日加筆)

この度、一般社団法人プラス・ハンディキャップでは、何が原因で「生きづらさ」が生まれているのかを明らかにするために、本日7月4日より、WEBアンケート調査を行います。
 

●生きづらさに関するWEBアンケート調査
https://qooker.jp/Q/auto/ja/plushandicap/plushandi/
 

「あなたって生きづらいですか?」なんて、すごく聞きづらい問いかけなので、そんな直球な問いはありませんが、5分〜10分程度の時間ですべて回答できる簡易なアンケート調査となっております。「今の社会は生きづらいなあ」と感じている方だけでなく、リア充真っ只中という方にもぜひご回答いただければと思います。アンケートの回答は個人が特定できない構成にしておりますので、プライバシー等が気になる方も安心して回答いただければと思います。
 

アンケート調査の冒頭(スクリーンショット)

アンケート調査の冒頭(スクリーンショット)


 

今回の調査結果は「生きづらさをなくす」ための企画立案や政策提言のために用います。調査終了後には、Plus-handicapの記事として、結果と考察をご紹介したいと思います。お忙しい中、大変恐縮でございますが、アンケートにご協力いただければと思います。よろしくお願いいたします。
 

●生きづらさに関するWEBアンケート調査
https://qooker.jp/Q/auto/ja/plushandicap/plushandi/
 

【アンケート調査概要】
目的:生きづらさの原因の明確化(弊団体の仮説検証)
日時:7月4日22時〜7月10日23時59分
調査に関するお問い合わせ先
info☆plus-handicap.com(☆を@マークに変更してください)
 

(2016年7月11日加筆)
皆さまにご協力いただき、当初想定していた数を大幅に越える回答を集めることができました。誠にありがとうございました。集計結果をもとに、調査報告の記事をまとめたいと考えております。ご期待ください!

 

一般社団法人 プラス・ハンディキャップ
代表理事 佐々木 一成