創刊2周年を迎えました。新たなる1年もよろしくお願いいたします。

2013年3月1日に創刊したPlus-handicap。
「なんか生きづらい」ひとの「なかなか知らないリアル」を切り取ったWEBマガジンとして
「生きづらさ」に焦点を当てたメディアを運営して参りました。
ちょうど2周年。本日から3年目に突入いたします。
 

正直申しまして、サイトを開設した当初は2年も続くことを思い描いておりませんでした。
たくさんの方々に協力いただき、たくさんの方々に読んでいただき、
気がつけば2年という月日が経っていたという感覚です。
 

昨年9月には一般社団法人プラス・ハンディキャップとして法人化しました。
開設当初と比較しても、この社会にある生きづらさを解消したいという想いは格段に増し、
「法人を解散する=生きづらさを解消する」という野望に向けた
組織としてのコミットメントは日増しに高まっております。
3年目の私たちにぜひご期待いただければと思います。
 

今月は、昨年クラウドファンディングサイトREADYFORを通じて、
多くの方からのご支援をいただいた「生きづらさ大全2014−2015」の出版を皮切りに
創刊記念パーティーやワークスペースEDITORYとのコラボイベント、
3月23日のPlus-handicapのサイトを全面リニューアルなど
アグレッシブに活動を展開いたします。
特にサイトの全面リニューアルでは、スマホサイトの大幅な改修や
ニュースコンテンツの配信など新しい仕掛けを実装する予定です。
 

一般社団法人化に際し、私たちが軸として作り上げた想い
「当事者が変われば周囲が変わる。周囲が変われば社会が変わる。
 当事者が今から一歩だけでも前に進むためのきっかけを作っていきたいのです。」
この想いをより強くもって、新たなる一年を進めていきたいと考えております。
 

ここまで数多くの皆さまに支えられて、歩んでくることができました。
読者の皆さま、イベントにお越し頂いた皆さま、そしてライターの皆さま、
本当にありがとうございます。
新たなる一年も皆さまのご指導ご鞭撻、お叱りお褒め、よろしくお願い致します。
 

2015年3月1日
Plus-handicap 編集長 佐々木一成