創刊1周年を迎えました。

2013年3月1日に創刊したPlus-handicap。
皆さまのおかげで1年間、記事を更新し続けることができました。
誠にありがとうございます。
 

2年目を迎える2014年3月以降は、記事やブックレビューといったWEBマガジン上のコンテンツだけでなく、Plus-handicap Session(次回は3月15日)に代表されるようなリアルなイベントも多く実施していきたいと考えております。
 

記事上だけで一方的に「生きづらさ」に関するリアル、改善提案をお伝えしていくのではなく、イベントの現場などで多くの方々と共に「生きづらさ」について情報を共有し、知識を深め、考えを発展させられれば幸いです。
 

また、スマホでもPlus-handicapが見やすくなればと(長年の懸案事項でした)、本日よりTOPページ及び記事ページのレイアウトを改良しております。一度ご覧頂き、その違いを感じ取って頂ければと思います。以前のようにTOPページでタイトルが分からない、拡大しないと記事が読みにくいという部分は、改良できたのではないかと考えております。
 

2年目に対する意気込みは、メールマガジンでお届けしたいと思いますので、これを機会にご登録頂ければ嬉しいです。3月3日号にてお届けしたいと思います。過去のメルマガもメルマガ会員様にはご覧頂けるようにしましたので、翌号が届いた際に、併せてお楽しみください。
 

※メルマガ登録はこちらから → //plus-handicap.com/mailmagazine/
 

これからも皆さまのご指導ご鞭撻、よろしくお願い致します。より多くの人に「なるほど」と感じて頂けるようなメディアに発展させられるべく、編集局ならびにライター一同、進んで参りたいと思います。
 

2014年3月1日
Plus-handicap 編集長 佐々木一成