WHILLに乗って、ポケモンGETだぜ!

配信直後のフィーバーぶりはだんだんと収まりつつありますが、社会現象としてはまだまだ収まっていないポケモンGO。そんなポケモンGOを障害者との交流アクティビティに活用してみようとアイデアを練ったのが、NPO法人デジタルウェルネスの小峯啓友さん。8月27日・28日に「WHILL DE GET」というイベントが開催されます。
 

「障がい者を知らない健常者(社会)側、差別や偏見を感じながらも、みんなとワイワイやりたいなあと考えている障がい者側。その接点をうまく創り出せるイベントができないかと思っていました。ポケモンGOのような“位置ゲー”はポケモン見つけた!とか、あそこにポケストップがある!とか会話が生まれやすい。双方向のコミュニケーションが生まれることで、堅苦しい障がい者理解ではない、一体感や仲間感が生まれればなと思います。(小峯さん)」

 

IMG_20160814_010642
 

「WHILL DE GET」では、その名の通り、次世代型モビリティである「WHILL」に乗ってポケモンをGETしていきます。「100m先のコンビニに行くのをあきらめる」という車いすユーザーの声から生まれた「WHILL」に乗ってポケモンGOをプレイすることで、参加者全員が同じ環境で楽しむことができます。
 

「障害の有無関係なく、みんなが同じモビリティに乗り、同じ視点で同じ速度でアクティビティを体感することで、一体感が生まれると思っています。また、アクティビティのなかで、段差があったり、道が細くて不便さを感じたり、副次的に車いすユーザーの困難さを感じてもらうことができるのではないでしょうか。(小峯さん)」

 

障害者1名と健常者1名がチームを組み、ポケモンをGETした数を競うというチーム戦「WHILL DE GET」。ながらスマホを防ぐために、WHILLにスマホを装着できるアタッチメントを使い、スマホを手に持ちながらの移動は減点(レフェリーまでいる!)というルールも社会に優しいものです。
 

「WHILL DE GET」
 

●日時
8月27日(土)、28日(日)
10時〜/13時〜/16時〜(1日3開催・各回90分)
 

●場所
具体的な集合場所は、申し込まれた方に個別でご案内
 

●人数
各回定員は4名まで
 

●参加条件
スタッフの人数が限られており、安全性の面から、今回は18歳以上という年齢制限を設定
 

●参加費
無料
 

●プログラム内容
1 チェックイン/自己紹介 10分
2 WHILLのデモと諸注意 15分
3 ポケモンGO 50分
4 プログラムの振り返り/写真撮影 15分
 

↓お申し込みや問い合わせはコチラから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/pysf2

 

(参照先)

・NPO法人 デジタルウェルネス
https://peraichi.com/landing_pages/view/pysf2

・WHILL パーソナルモビリティ
https://whill.jp/
 

関連ニュース:

最新ニュース: