【イベント開催】本を通じて自分を知る・振り返るー誰に何と言われようと大好きな一冊を語らう会ー(2月19日19時半〜)

皆さんの「大好きな一冊」ってなんですか?
普段からたくさん本を読むひとも、最近あまり読んでないなあというひとも、あの本が好き!という一冊があるのではないでしょうか?
 

今回の読書会は「大好きな本」について語ることを通じて、自分自身を想い返す時間をつくります。また、他の誰かが大好きな一冊を知ることで、新しい自分に出会うきっかけやその本読んでみたい!というきっかけが生まれるといいなと考えています。
 

プラス・ハンディキャップ読書会は、本について語ることを通して、自分の大切にしている価値観を再認識・共有していくイベントです。
 

 

◆◆◆どんなイベント?◆◆◆

テーマに沿った本を持ち寄り、3分から5分程度で紹介します。本のジャンルは問いません。漫画、絵本、小説、新書、ムック本、詩集。何でもOK。
 

今回のテーマは「誰になんと言われようと大好きな一冊」。本の紹介とともに「その本がなぜ好きなのか」という話をしていただきます。
 

その一冊を好きな理由が、自分の生き方や価値観につながっていることがあります。自分の内面を再認識する時間にもなりますし、他者の生き方や価値観を自分に取り入れる時間になればと考えています。
 

◆◆◆こんな方におすすめ◆◆◆

・読書が好きな方
・共通の趣味や話題をもつ友だちがほしい方
・漠然と「成長したい」とか「変わりたい」とか思うけど、どうしたらいいか迷っている方
・自分自身のことを振り返るちょっとした機会がほしい方
 

前回の読書会で紹介された本の数々。少人数制のイベントです。


 

◆◆◆イベント概要◆◆◆

「読書会:本を通じて自分を知る・振り返るー誰に何と言われようと大好きな一冊を語らう会ー」
 

※当日は、テーマに沿った本をご持参ください。1人3分の持ち時間で紹介していただく場面があります。
 
 
【日時】
2月19日(火)19時半~21時(開場19時)
 

【場所】 
EDITORY神保町 3階
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル3階
http://www.editory.jp/map/
※神保町駅から徒歩1分ほどです。
※上記リンクに神保町駅からの道順が記載されています。
 

【参加費】
初参加の方は、1000円。
2回目以降の方は、500円。
(※常連さんのチケットをクリックしてください)
 
 
【当日の進行役】
森本しおり 一般社団法人プラス・ハンディキャップ
 

1988年生まれ。好奇心で動くADHD当事者ライター。 幼い頃から周りになかなか溶け込めず、違和感を持ち続ける。25歳のときにパニック障害で会社を辞めて以降、障害福祉の仕事を転々とする。27歳のときに「大人の発達障害」当事者であることが判明。以降、少しずつ自分とうまく付き合うコツをつかんでいる。 自身の経験から「道に迷う人に、選択肢を提示するような記事を書きたい」とライター業務を始める。
年間100冊の読書をする本好きが高じて、Plus-handicapの図書係を担当している。
 

申し込みはコチラから。
https://plus-handicap-books3.peatix.com/
 

記事をシェア

このライターの執筆記事

  1. カミングアウトってむずかしい。する側の葛藤・される側の受容。イベントレポート。
  2. 【イベント】カミングアウトってむずかしい 〜する側の葛藤・される側の受容〜(3月16日15時〜)
  3. 【イベント開催】本を通じて自分を知る・振り返るー誰に何と言われようと大好きな一冊を語らう会ー(2月19日19時半〜)