【イベント開催】ライターの話を聞く?編集長に物申す?読者の皆さまと語らう忘年会。

秋も深まり、もうすぐ冬の季節。
一年も終わりが近づく頃といえば、そう。忘年会。
 

12月5日の夜、厳しくも暖かく私たちを応援してくださる皆さんとともに
笑って楽しく語り合える(時には議論が生まれることも)忘年会を開くことにしました。
 

当日は、Plus-handicapのライター陣やインターンメンバーなどが集まります。
トークセッションあり、編集長への口撃タイムあり、宣伝タイムありと
飲んで食べてという忘年会的な要素だけではない、価値観を揺さぶる機会も
Plus-handicapらしく創ることができればと考えております。
 

Plus-handicap イベントの様子

Plus-handicap イベントの様子


 

●企画1.ライター陣によるトークセッション「男らしさ」から生まれる生きづらさとは?
 

男は仕事、女は家事という価値観はもはや死語。ただ、その価値観をベースとした教育や常識観、働き方が根付いていることでによって、まだまだ男女間の格差の問題は解消しておらず、職場での女性活躍や家事育児の分担といった点などの問題が議論されています。
 

しかし、性はグラデーションと言われるように、例えば戸籍上は男性であっても女性的な面が強く出ている方もいれば、仕事よりも家事に勤しみたいという主夫寄りの価値観をもつ方もいます。
 

仕事に生きるという男らしさ、「男なんだからしっかりしなさい」という責任感を醸成する男らしさ、力強さや豪快さに代表される男らしさ。これらが世の中に蔓延っていることで生まれる生きづらさも実は存在しています。Plus-handicapではあまり語ってこなかった性別的な役割観に関するトークセッションを今回は開催します。男性優位的な発言はレフェリーがNGサインを出しますし、感情論で語るようなマネはしません。また「男性保健」という考え方を知る機会として、男女問わず(あえてこう表現しますが)話を聞いていただきたいなと思います。
 

(当日のパネラー)
・柳田正芳さん(設立準備中の一般社団法人日本男性保健協会 発起人:レフェリー兼進行役)
・網谷勇気さん(NPO法人バブリング代表:ゲイ)
・重光喬之さん(脳脊髄液減少症による痛みから離婚した疾患当事者)
 

Plus-handicap イベント風景

過去のPlus-handicapでのトークセッション風景


 

●企画2.カウンター越しの編集長とお酒と意見を酌み交わす
 

Plus-handicapは創刊して2年半。今まで様々な記事やイベントを発信してきました。皆さんにとって好意的なものもあれば、眉をひそめるものもあったりと、人それぞれ多様な反応があると思います。今回の忘年会ではカウンター席を設け、編集長がその場を受け持ちます(ライターやインターンメンバーも随時参加します)。一言物申したい、意見を伝えたい、とりあえず顔を見せろなどの要望にお応えできる限りお応えしようと思います。普段はWEB上での一方的な情報発信のみというスタイルですので、顔を合わせることの出来る機会に、皆さまの声を受け取ることができればと考えています。
 

こんな洒落たカウンターにはなりません。

こんな洒落たカウンターにはなりません。


 

●企画3.ピッチタイム「皆さまの活動紹介コーナー」
 

当日は、お越しいただいた方々の中から数名の方に、皆さまの活動を紹介する機会を設けようと思っております。会場に100人来て100人が話すとなると(そんなに来るわけありませんが)時間がいくらあっても足りませんので、ここは先着4名様(4団体)までとさせていただきます。ただ、リーフレットなどの活動紹介ツールにつきましては配布可能ですので、ピッチタイムに参加できなかった場合は、持参いただけますと幸いです。
 

ピッチの申し込みは → info☆Plus-handicap.comまで(☆を@に変えてください)
 

↓ ピッチってなに?という方は ↓
「ピッチとプレゼンというビジネス用語の違いと正しい使い方」
http://careerpark.jp/4593
 

いろいろと企画は立てていますが、忘年会として皆さんと呑みたいだけです(編集長)

いろいろと企画は立てていますが、単純に皆さんと呑みたいだけです(編集長)


 

いろいろと企画は立てていますが、単純に皆さんと忘年会がしたいだけです(笑)。
ただせっかく同じ時間を共有するのであれば、
少しだけでもPlus-handicapの世界観を体験していただけると嬉しいなと思っております。
お時間がある方はぜひぜひお越しいただければ幸いです。

 

=====【開催概要】=====
◆日時
2015年12月5日 (土) 19:00~22:00
(トークセッションは19:15〜20:00)
※いつ来てもOKですし、いつ帰ってもOKです。
※22時に会は締めたいと思います。
 

◆会場
EDITORY 神保町 2F イベントスペース
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F
東京メトロ/都営地下鉄 神保町駅A4出口より徒歩1分
 

◆参加費
2,000円
・軽食とワンドリンク付きです。
・二杯目以降はワンドリンク500円でお願いします。
 

◆参加申込はコチラから。
http://kokucheese.com/event/index/353838/
 

〜過去にあったご質問〜
 

「車いすでも参加出来ますか?」
 

基本的にOKですが、とても大きい車いすだとエレベーターに入らない可能性があります。
またお手洗いが狭いため、不自由やご迷惑をかけるかもしれません。
ただ、過去同じ会場でのイベントに参加された方々の中には、
車いすの方も毎回いらっしゃってくださっております。
また、神保町駅のエレベーター出口が会場より少し遠い場所に出ます。
質問や不安な点がありましたら気兼ねなくご連絡ください。
 

「1人でも参加できますか」
 

これまでのイベントでもおひとりさまでの参加が半分以上にのぼります。
「ひとりで参加なので不安なんです」と受付時にお話し頂ければ、
ライターや当日スタッフが駆けつけますのでご安心ください。
 

「耳が不自由なのですが」
 

これまでのイベントでも完全失聴の方がいらっしゃっております。
筆談やチャットなどを使ってお酒を交わしながらコミュニケーションをとっています。
質問や不安な点がありましたら気兼ねなくご連絡ください。
 

◆参加申込はコチラから。
http://kokucheese.com/event/index/353838/
 

このライターの執筆記事

  1. アナログゲームを通じて発達障害を体験したら、自分の行動の癖に気づいた ーPlus-handicap Session #12レポート
  2. 【イベント終了】プラス・ハンディキャップのこれまでとこれから ーPlus-handicap conference
  3. 【イベント終了】アナログゲーム王決定戦ーゲームを楽しみながら、発達障害を知る・体験してみるーPlus-handicap Session #12