【イベント開催】他人や理想と「比較」するからしんどい〜「自分なりの道」への踏み出し方を考える〜Plus-handicap Session#6

「人生ってうまくいかないなあ。こんなはずじゃなかったよなあ。」
 

どれだけのひとが、かつて思い描いていた理想の自分を
現実のものとしているか分かりませんが
自分らしく生きていると胸を張って言えるひとは多くはありません。
 

「なんで自分だけこんな辛い思いをしているんだろう。周りが輝いて見える。」
 

大人だけでなく、子どもだって、そんな気持ちを抱くひともいます。
周囲と比べてしまうことで、劣等感を感じたり、孤独感を感じたり。
自分自身を認められなくなってしまうと、自信をもって生きることが難しくなります。
 

5月11日のPlus-handicapコラム「今日から僕は「障害者(仮)」として生きる。障害者と健常者の狭間で。」の挿絵より

楽しく生きられる・生きられないの境界線って?


 

生きるって、なかなかしんどくて、厳しくて、タフなものです。簡単じゃありません。
それも「自分らしく生きる」や「胸を張って生きる」となるとハードルはぐぐっと上がります。
でも、もしも、ちょっとくらい自分らしく気ままに生きることができれば
そんな人生は楽しくて充実してて小さな幸せをふと感じられるものになるかもしれません。
普段はなかなか見せられないような自分を出せれば、もっと楽に生きることだってできます。
 

生きていくなかで「生きづらさ」や「しんどさ」を感じる理由は実はシンプルで
自分の理想や思い込み、他人や周囲の環境と「比較」してしまっているからです。
言い換えれば「比較せずに生きれば幸せになりやすい」ということです。
 

では、どうすれば「比較」せずに生きることができるのでしょうか。
そのヒントやきっかけを導き出す時間を一緒に創っていきたいなと思います。
約1年ぶり6回目のPlus-handicap Session。テーマは「比較しない生き方」です。
 

==========
Plus-handicap Session #6
他人や理想と「比較」するからしんどい〜「自分なりの道」への踏み出し方を考える〜
==========

 

【日時】
8月4日(火)19時半〜21時半(開場19時)
 

【場所】
EDITORY
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F
http://www.editory.jp/map/
 

【当日のスピーカーとその属性】
・黒沢一樹さん(他人と比較したらしんどい代表)
中卒。父親が4人、兄弟は10数人。
50社以上の転職経験があり、立ち上げた会社を潰した過去もある。
17歳で渡ったインドネシアで自分の命に保険金をかけられ、勤めていた会社が支払先だった。
NPO法人若者就職支援協会代表。「最悪から学ぶ 世渡りの強化書」が出版間近(7月28日発売)
 

・真崎睦美さん(理想と比較したらしんどい代表)
社会人3年で転職3回。現在はフリーランスのライター。
大学時代はいわゆる意識高い系学生で日本の教育業界を変える!的な意気込みを持つも
様々な諸事情によって空回り、今なお自分の方向性を模索中。
 

・佐々木一成(健常者と比較したらしんどい代表)
生まれつき両足と右手が不自由なPlus-handicap編集長。
「隣の芝生は黒い」という比較論を最近好んで使う。
 

【当日のおおまかな流れ】
①スピーカーによる「比較しない」ためのヒントの提供
・他人と比較したら生きていけないから比較しない(黒沢さん)
・理想と比較したら死にたくなるから比較しない(真崎さん)
・「生きづらさ」の観点から見た比較することの危うさ(佐々木)

②スピーカーによるクロストーク

③当日集まった全員で考える「比較しない」ためのアクション
・ちょっとしたワークショップ
・質疑応答
 

【参加費】
2000円(学生1000円)
※(黒沢さん割引)黒沢さんの新著「最悪から学ぶ 世渡りの強化書」持参だと参加費無料
 

申し込みはコチラから → http://kokucheese.com/event/index/319873/
 

【過去にあったご質問】

◯車いすでも参加出来ますか?

基本的にOKですが、とても大きい車いすだとエレベーターに入らない可能性があります。
過去同じ会場でのイベントに参加された方々の中には車いすの方もいらっしゃいます。
神保町駅のエレベーター出口(A8)が会場(最寄りはA3)より
少し遠い場所に出ますのでお気をつけ下さい。
 

◯初めてで不安なんですが。。。

「初めてで不安なんです」と受付時にお話し頂ければ、
ライターや当日スタッフが駆けつけます。お声かけください!
 

◯1人での参加がやや不安です。。。

これまでのイベントではおひとりさまでの参加が半分以上にのぼります。
「ひとりで参加なので不安なんです」と受付時にお話し頂ければ、
ライターや当日スタッフが駆けつけます。お声かけください!
 

世の中には様々な障害や状況があり「参加できるかな」と感じる方もいらっしゃると思います。
多くの方にご参加いただけるように、できる限りの配慮を実行しようと考えております。
ご期待に添えないこともあるかと思いますが、ご相談いただけると幸いですし、
「こうしてほしい」という知恵を頂けると嬉しいです。
 

当日、皆さまをお待ちしております!
 

申し込みはコチラから → http://kokucheese.com/event/index/319873/
 

このライターの執筆記事

  1. アナログゲームを通じて発達障害を体験したら、自分の行動の癖に気づいた ーPlus-handicap Session #12レポート
  2. 【イベント終了】プラス・ハンディキャップのこれまでとこれから ーPlus-handicap conference
  3. 【イベント終了】アナログゲーム王決定戦ーゲームを楽しみながら、発達障害を知る・体験してみるーPlus-handicap Session #12